【ネギタマ。】淡路島の大地が育んだ玉ねぎ(玉葱)新鮮な野菜をお届けします。

みなさん、こんにちわwwwwwww(^_^)v 淡路島のたまねぎは有名ですが本当に美味しい物を揃えた SHOPを立ち上げましたので是非とも見て・・・そして 【安さに】【旨さに】【こんな物まで】 必ずビックリして頂けるよう頑張っちゃってます!!!!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

玉ねぎ太郎の玉ねぎ二股宣言 

なにやら切ない・・・



あまたまちゃんに振られたから・・・?


ノンノンノン!


てか振られてないしー、まじ告りすんの男磨いてからだしー。


そんな事じゃなくてね・・・



なんで売れねーかなぁ??

いや売れてんだよ?【俺以外は】

それに最近フルーツのやつらが幅利かせて飛ぶように売れてるのが気にくわないんだよ・・・。


メロンマスクは王子扱いだし、梨元は芸能人気取り。桃太郎は名前がかぶってんだよ(怒)しかも三人も家来がいるなんて・・・俺でも一人なのに(クラ玉)


みかんファミリーの文旦とかはっさくめっちゃ強いし気にいらねぇ・・・。



まったくもって気にいらねぇ・・・



・・・イチゴちゃんよ?・・・まったく・・・可愛すぎて気にいらねぇよ・・・(ドキドキ)


あまたまちゃんという女がありながら他の女にときめくとは俺も罪な男だぜ・・・。


さぁて、、、どうしてくれよう!?


玉ねぎ太郎の目がきらりと光った。

その頃野菜病院のベッドの上で寝ていたクラ玉の目にもあまたまちゃんにぶたれた頬の痛みが蘇りきらりと光った。

つづく
スポンサーサイト

玉ねぎ太郎の失恋も玉ねぎの味 

えっ!?


マジで???



何この子、今まで意識してなかったけど可愛いんじゃないの!?


・・・くら玉は戸惑っていた。


少女だと思っていた彼女がもう大人の女(玉ねぎ)になっていたから・・・



「渡してくれた?」

「ああ、手紙だよね?もちろん!たたきつけてやったさ」

「ほんと?あの人(玉ねぎ)ずっとこっちばかりみてくるから気持ち悪くって・・・」

「分かるよ、僕はうすうす奴からストーカーちっくな臭いを感じてたんだ!」





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




「野郎・・・・殺す(激怒激怒激怒)」

二人の背後から聞き耳を立てていた玉ねぎ太郎はかつてない怒りを感じていた。


「あんの口臭野郎、俺をダシに俺の女(妄想)を口説いてやがる・・・。千切りじゃなまぬるい、みじん切りにして塩胡椒でおいしく炒めてやる(激怒)」



背後から太郎がくら玉に飛びかかろうとしたチャーハンの素を用意した時、


「あまたまちゃん・・・僕は今まで言い出せなかったんだけど君が好きだったんだ。君を他の玉ねぎから守らせてくれないか?」



「あ、あの下玉ぁ、俺を餌に告りやがった・・・もう許さん:-)」


太郎は玉ねぎドレッシングも用意した。


「え?いやーーーーーーーーーーーー」


ばちん!!!!

くら玉は猛烈なビンタをくらって皮がふっとんだ。


・・・・・・・



その後太郎とくら玉は友達になった。


つづく

玉ねぎ太郎の憂鬱玉ねぎ注意報 

今日の天気は雨・・・・


きっと明日も雨・・・・・・・・



その次もそのまた次も・・・・・


空が泣いている。


俺の心の畑に悲しみの雨が降りしきる。


でもきっとこの苦しみを乗り越えたら雲の切れ間から太陽が現れて「俺」と言う名の玉ねぎを成長させるのだろう・・・。


「ちっ、涙がしょっぱいぜ・・・。」(玉ねぎエキスで)










「・・・・・・・・。」





「何かさぁ・・・、かっこよさげに詩人ぽく言ってるけど結局失恋して落ち込んでるだけでしょ??」


「クラ玉、テメーにこの悲しみはわかんねーよ。」(お前みたいな口臭野郎にはな・・・。)


「でもこれって太郎君がガン見しすぎてたからあまたまちゃんが怖がってんでしょ?誤解を解いて気持ち伝えれば意外といけるんじゃない?僕が説明してきてあげるよ!」

【!?】

「そうか・・・、そうだよな!まだ振られた訳じゃないもんな!!クラ玉、お前・・・いい玉ねぎだな!!」
(口臭いけど)


「頼むよ!!」


「任しといて!親友だろ!?じゃあ行ってくるよ!」ъ( ゚ー^)



「・・・クラ玉・・・」

「親友じゃないよ。だって口臭いもん。でもけっこういい奴だな、友達位にはなってやるか( ´∀`)/~~
さ?て、うまい事やってくれるかちょっと隠れて覗いてみよう!」


・・・


おっ、あそこにいるぞ!でも・・・?なんだかクラ玉の様子がおかしいぞ!?



続く

玉ねぎ太郎の玉ねぎ初恋は玉ねぎの味 

あっ!!


今あったよな!?


絶対今目あったよな!?!?!?


ぜってーあの子俺の事横目でちらりしてたYo?

ネギ髪かきあげる仕草の途中で俺みてたっしょ!!??

テンションあがっちゃうよ↑↑


「上記 玉ねぎ太郎心の声」


玉ねぎ太郎は一日ずーーーーーーーーーーーっと一目惚れした「あまたまちゃん」にラブビームを送り続けていた。

「あぁ、君はとっても可愛いよ・・・。そのチャーミングなネギ皮、上品な甘い香り、きっと中身も最高なんだろうな・・・共食いしたいよBaby・・・君をカレーにしたら三日はもちそうだよ・・・」


頭の中であまたまちゃんとの未来を描いてよだれを垂らしていたらクラ玉がやってきた。

「太郎君、あまたまちゃんからこれを君に渡してくれって頼まれたよ!」

クラ玉は白い封筒を差し出した。



キ…(-_-)キ(_- )キ!(-  )キッ!(   )キタ(.  ゚)キタ!( ゚∀)キタ!!( ゚∀゚ )キタ━━━!!!!!!


ラ、ラブレター・・・♪♪

「来たぜ・・・俺の時代がよう!!!」

玉ねぎ太郎は凄い笑顔(?)で手紙を読んだ。




「玉ねぎ太郎さんへ・・・




                  気持ち悪いんであんまりこっちみないでください・・・。」





・・・・・・・・( ゚△゚ )チーン

続く

玉ねぎ太郎の玉ねぎぼやっきー2 

なかなか難しいなぁ。。。。


店の中の玉ねぎ籠の中で俺は客の人数を数えていた。

「八百屋にしてはけっこう客入りいいっしょ!?」

同じ籠の玉ねぎ、クラ玉が話しかけてきた。

俺は普通に無視した。


特に他人(他玉ねぎ)と話したい気分じゃなかったのと口が臭かったからだ。

クラ玉は無視られながらも何やらもぞもぞ臭い息吐きながら一玉ぶつぶつ言ってる。


「こいつよりは絶対先に売れるぜ・・・」


しかしあの【あまたまちゃん】かわいいぜぇいo(*´д`*)oブンブン

mihimaru GTのボーカルの子に似ててもろタイプだよ↑↑


引っこ抜かれてとんでもない目にあったと思ったけどなかなか楽しくなってきたネギよ・・・


;´Д`)あまたまちゃん...スバラスィ ...ハァハァ


続く

ネギタマ

aina

【ネギタマ。】淡路島特産玉ねぎ販売 
aina

【ネギタマ。ブログ】

ネギタマカテゴリー
CONTENTS
売れ筋ランキング

売れ筋ランキング
1位 【鳴門金時】 5キロ
【鳴門金時】 5キロ
2位 淡路島産玉ねぎ20キロ
淡路島産玉ねぎ20キロ
3位 淡路島産コシヒカリ 10キロ

淡路島産コシヒカリ 10キロ
4位 鳴門塩わかめ1キロ
鳴門塩わかめ1キロ
5位 淡路島産玉ねぎ10キロ
淡路島産玉ねぎ10キロ
ネギタマ店主 お勧め商品
高級【里むすめ】 5㌔
高級【里むすめ】 5㌔
3年とらふぐセット てっちりとてっさ
3年とらふぐセット
てっちりとてっさ
最高級3年とらふぐ てっちり
最高級3年とらふぐ
てっちり
鳴門海峡近海産 真鯛しゃぶセット
鳴門海峡近海産
真鯛しゃぶセット
淡路の職人技 高級おせち6寸
淡路の職人技高級おせち6寸



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。